巻き髪におすすめ!痛まない人気【カールヘアアイロン】ランキング

カワイイゆるふわカールを作るのに必須の「カールヘアアイロン(コテ)」の最新痛まない人気のおすすめをランキングでをご紹介いたします。

コテ選びで重視したいポイントも紹介していきますので、何を買おうか迷っている方は参考にしてくださいね。

目次(クリックすると自動で飛びます。)

カールアイロンの選び方

コテは何ミリが使いやすい?

各メーカーから色々なサイズのカールアイロンがありますね。
細いものだと7~9mm、太いものだと50mm以上のものまであります。(〇〇mmはコテの直径を表します)。

これだけ種類が沢山あると、何ミリのものを選べばいいか分からないですよね。

・細いコテ:くっきりしたくるくるのカールができる

・太いコテ:ゆるいふわっとしたカールができる

何ミリのコテを選べば良いかは、どのぐらいのカールをしたいのかによって選び方が変わります。

コテの太さが違うと、仕上がりのカール感がサイズによって異なります。

基本的にコテの太さと仕上がりは、下記のようなイメージを持ってください。

細いコテ:くっきりくるくるの強めのカール

太いコテ:ふんわりユルフワな弱めのカール感

最近ではくっきりくるくるのカールよりも、ふんわりとユルフワなカールのが流行っているので、細いコテよりも少し太めのコテの方がおすすめです。

髪の長さによるおすすめのサイズ

髪の長さでショート、ミディアム、ロングの違いによっても、おすすめするコテは変わってきます。

そこで、ショート、ミディアム、ロングごとに、おすすめの太さのコテを説明します。

髪の長さに応じたミリ数を選んであげると、ヘアセットがしやすくなります。

ショート:細いコテ19mm~32mmぐらいの太さがおすすめ

ミディアム:中間のコテ26mm~38mmぐらいの太さがおすすめ

ロング:太いコテ32mm~38mmぐらいの太さがおすすめ

美容室でよく使われているコテの太さは28~32mmになっています。

このぐらいのサイズだと、どの長さの髪にも対応できるので、迷ったらこれぐらいの太さがおすすめですよ。

温度

温度もカールアイロン選びの大切なポイントです。

温度が高くなる程、カールが付きやすく長持ちします。

しかし、温度が高ければ良いという話ではないので注意してください。

150~180℃の温度のコテがおすすめ

高温になればなるほど、髪へのダメージ大きく傷みやすくなってしまいます。

過度に加熱すると、毛髪が焦げたり、250℃以上になると溶けてしまうこともあるのです。

傷んだ毛髪は、トリートメントなどを使って元の状態に修復するのはとても大変です。

一般的に150~180℃くらいの温度設定で、しっかりとカールがついて、髪へのダメージの心配も少なくなっています。

コテを選ぶときは150~180℃くらいの設定温度ができるコテを選ぶのがおすすめですよ。

温度上昇スピード

電源スイッチを入れてから、使用できるようになるまで何分も待ってもコテが温まらないと立ち上がりの遅さにイライラしたことはありませんか?

温度上昇が速いコテだと、設定温度に達する時間がとても早く、スタイリングに時間がかからなくてすみます。

忙しい朝でも時間に余裕を持ってヘアセットできるので、温度上昇が早いカールヘアアイロンを選ぶようにしましょう。

プレートが重要

髪に直接あたるプレートは、とても重要になります。

プレートの素材により、髪への負担具合が変わってきます。

プレートの素材には、なるべく摩擦力の低い素材を選んであげることが大切です。

摩擦力の低い素材は、テフロンやチタン素材のプレートになっています。

髪へのダメージを抑えたい場合は、プレートの素材もチャックして、テフロンやチタン素材のコテを選ぶのがおすすめです。

上記のことを踏まえて、おすすめの人気カールヘアアイロンをランキングにて発表します。

痛まない人気カールヘアアイロンランキング

第1位 SALONIA セラミック カールヘアアイロン

参考価格:2,980円

コテの太さ:32mm 25mm 19mm

温度:100~210℃

マイナスイオン効果のセラミックプレートがポイント!

セラミックプレートが発するマイナスイオンにより、静電気によるキューティクルのダメージを抑えてくれます。

また、セラミックは熱を均一に伝えるため、髪への負担を軽減して、ツヤのあるりスタイリングが行えます。

コスパ最強!

こちらのSALONIA セラミック カールヘアアイロンの最大の強みはコスパが抜群に高いことです。

最近では、高級ヘアアイロンが人気を分け合う中で、こちらのSALONIAのヘアアイロンはお値段が2,980円になります。

高級ヘアアイロンはどうしても購入に決意が必要ですが、こちらのSALONIAのヘアアイロンはコスパもグッと抑えられているので、コテ探しで迷っている方は、まずこちらを試してみるのをおすすめしますよ。

性能、お値段共に間違いのない一品になります。

SALONIA セラミック カールヘアアイロンのデメリット

最強のコスパを誇るSALONIA セラミック カールヘアアイロンですが、強いてデメリットを挙げるとすれば、プレートの素材がセラミックな点です。

SALONIA独自の加工をして、摩擦力は抑えているのですが、セラミックは他の素材に比べて摩擦力が高くなってしまうでマイナスポイントとさせていただきました。

第2位 巻女~MAQIJO~カールアイロン

参考価格:14800円

コテの太さ:32mm 28mm

温度:100~200℃ 10℃単位で設定可能

ツヤ髪が欲しいならコレ!

こちらの巻女~MAQIJO~カールアイロンはフッ素樹脂を布状に特殊加工したシルクプレートを使用していて、高温状態で水をつけても蒸発しない程の保湿力があります。

このシルクプレートにより、髪を巻いた後に、髪がツヤツヤになって巻きの持ちも長い特徴があります。

髪へのダメージが気になる方は巻女~MAQIJO~カールアイロンがとてもおすすめです。

巻女~MAQIJO~カールアイロンデメリット

こちらの巻女~MAQIJO~カールアイロンのデメリットは最先端の操作方法のタッチパネル式コントロールが慣れるまで難しい点です。

このタッチパネル式コントロールはスマホと同じ様に液晶パネルをタッチして操作します。

この操作に慣れていないと間違えて温度を変更してみたり、ロックが掛かってしまうなど不慣れだと少し面倒に感じる点をマイナスポイントとさせていただきました。

第3位 クレイツ イオンカールアイロンプロSR

参考価格:5,680円

コテの太さ:45mm 38mm 32mm 26mm

温度:120~210℃ 10℃毎の10段階

イオンチタニウム&イオンシリコンラバー加工がポイント

クレイツ イオンカールアイロンプロSRは、ロッド表面に髪滑りが良いイオンチタニウム加工を採用しています。

また、ロッド部に加工した弾性に優れたイオンシリコンラバーが髪に優しくフィットして適度なテンションをかけることができます。

このテンションのかかりにより、弾力のあるカールをつくることができて、美しいツヤを与えます。

クレイツ イオンカールアイロンプロSRのデメリット

クレイツ イオンカールアイロンプロSRのデメリットはホールド力が少し弱い点です。

髪へのダメージを考えて適度なテンションをかけられるようにしていますが、ややホールド力が不足していて髪の毛がするする滑って巻きにくいときがあります。

クレイツのヘアアイロンに慣れていない方だと少し巻きづらいかもしれません。

第4位 リュミエリーナ ヘアビューロンカール2Dplus

参考価格:21,797円

コテの太さ:34mm

温度:40~180℃

バイオプログラミングがポイント

リュミエリーナ ヘアビューロンカール2Dplusはバイオプログラミングがポイントになります。

リュミエリーナ ヘアビューロンカールは、使うほど髪に潤い・ツヤ・ハリ・コシしなやかさを取り戻して、使うたびに若々しい髪へ変化していきます。

老化によって髪のコシが衰えたり、髪の傷みからヘアアイロンの使用を諦めてしまった年代の方でも髪質を美しくプログレスしながらヘアデザインを楽しめます。

まさに革命的な性能を実現し、その持続性は朝作ったカールも夜まで持続します。

リュミエリーナ ヘアビューロンカール2Dplusのデメリット

使えば使う程髪が若々しくなるのであれば、間違いなく最強のヘアアイロンなのですが、その効果は中々感じられないが現状です。

使用している素材もセラミックスを加工しているだけなのですが、お値段がかなり高めになっているのもマイナスポイントとさせていただきます。

第5位 Areti アレティ マイナスイオン カールヘアアイロン

参考価格:6,167円

コテの太さ:32mm

温度:80~200℃ 5℃ずつ24段階設定

高品質セラミックコーティングバレルがポイント

Areti アレティ マイナスイオン カールヘアアイロンは高品質セラミックコーティングバレルがポイントです。

この高品質セラミックコーティングバレルは、バレルからマイナスイオンを放出して、髪のダメージを最小限に抑えてくれます。

また、髪の水分蒸発を軽減してマイナスイオンを発するので髪にツヤを与えます。

Areti アレティ マイナスイオン カールヘアアイロンのデメリット

Areti アレティ マイナスイオン カールヘアアイロンのデメリットは安全面が少し足りない点をマイナスポイントとさせていただきました。

こちらのAreti アレティ マイナスイオン カールヘアアイロンは手を添えるところもアイロン部分と同じなので、間違えて掴んでしまってやけどをしてしまう可能性もあります。

また、クリップ部分も金属がそのままなので、使用している最中にクリップの延長で触ってしまう場合もあるので注意が必要です。

髪を巻く前にすること

最初の準備が大事

カールアイロンを使う前にアイロン用のスタイリング剤や、洗い流さないトリートメントを髪につけるとより綺麗にしあがりますよ。

つけてあげることでセット力やうるおい感が変わってきます。

トリートメントをつけたら、よく乾かしてブラシを使って髪を揃えてあげてからカールアイロンを使用しましょう。

洗い流さないトリートメントはコチラを参考にしてください。

巻く前に軽くストレートアイロンで伸ばす

そのままカールアイロンを使用して巻くことはできますが、綺麗な巻きを作りたいときは、最初にストレートアイロンで軽くストレートにしておくと、より綺麗に仕上がります。

時間があるときは、巻く前にストレートアイロンで伸ばしてから巻くのがおすすめです。

まとめ

今回は巻き髪ヘアができる人気おすすめカールヘアアイロンをご紹介しました。

あなたのお気に入りのカールアイロンはありましたか?

ヘアアイロンは沢山の種類があって、機能や特徴も様々なので自分にあったものを見つけるのはかなり大変です。

初めてアイロンを買いたいけどどれを買ったら良いのかわからない、アイロンの違いがわからない、買い替えたいから人気のコテが知りたいなど、そんなあなたにとってお気に入りのヘアアイロンを選ぶ参考にしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です