ヘアアイロン初心者向けにおすすめの使い方!髪にダメージを与えない

  • LINEで送る
ヘアアイロン初心者

ここではヘアアイロンを始めて使う初心者の方や慣れていない方におすすめの使い方をご紹介していきたいと思います。ヘアアイロンを使い慣れている方でも知らなかった情報もあるかもしれませんので、もう一度おさらいに見て行って下さい。

ヘアアイロンは髪にダメージを与える

ヘアアイロンの初心者さんに知ってもらいたいのは、ヘアアイロンは最新のすごい物を使っても髪に少なからずダメージを与えてしまうのです。ここで正しい使い方をすれば髪へのダメージも少なくすみますが、間違った使い方をすると髪に多くの負担を与えてしまいますので気をつけて下さい。

ヘアアイロンを使う前の準備

何も準備をしないでヘアアイロンを使用するとストレートにはなりますが、より美しくセットするのには準備が必要です。難しいことではないので、時間があるときは準備をしっかりやってからヘアアイロンを使用することでより効果的なスタイリングができます。

アイロン用のスタイリング剤や洗い流さないトリートメントをつける

sala

まずはアイロン用のスタイリング剤や洗い流さないトリートメントをつけてあげます。この時注意したいのはつけてすぐにヘアアイロンを使用すると髪が乾いてない状態なので、せっかくトリートメントをつけたのに逆に髪にダメージを与えてしまいます。

なのでしっかりドライヤーで乾かすか、時間を空けて乾いたのを確認できてからヘアアイロンを使用して下さい。乾いたのが確認できたらクシやコームで髪を揃えてあげるとより効果的にスタイリングできます。

このトリートメントをするのとしないのでは、仕上がりに大きな差があります。セット力やツヤ感が違いますので、時間があるときはトリートメントをつけてあげましょう。

ピンやクリップなどを使ってヘアアイロンをかけやすくしてあげる

ヘアアイロンをかけたい部分を挟みやすいように、かけない余分な髪をピンやクリップを使ってブロッキングしてあげましょう。

特にヘアアイロンの扱いに慣れていない方はブロッキングをしてあげることでスムーズにかけたい部分にヘアアイロンをすることができます。またブロッキングをすることにより、髪の毛の束の量も調整できるので時間があるときはピンやクリップを使いましょう。

ヘアアイロンの設定温度

最近のヘアアイロンは温度幅も広く、何℃の温度で使用すればいいか迷ってしまいますね。
意外と知られていないのですが、髪は低い温度で何回もかけなおすより高温で一度かけた方が髪へのダメージが少ないのです。

なのでおすすめの温度はストレートのヘアアイロンだと180℃ぐらいで、コテ、カールアイロンだと髪にあてている時間が少し長くなるので150℃ぐらいがおすすめです。慣れていない方で、高温度の状態で何回もあてると髪への負担は大きくなってしますので、慣れていない方は最初は低めの温度で練習して慣れてきたら上記の温度ぐらいに変更してあげて下さい。

ストレートアイロンの使い方

ヘアアイロン

髪の束をプレートに収まる量に小分けにしてスライドさせます。ヘアアイロンをあてている時間は1~2秒にしましょう。それ以上同じ場所にヘアアイロンをあてていると髪への負担が大きくなってしまいます。

毛先まで挟んだままゆっくり伸ばします。毛先を内巻きにするとより自然な仕上がりになります。髪の熱が冷めるまでしっかり待ちましょう。髪に残った熱が冷えるとその形をしっかりキープするのでストレートが長持ちします。

ヘアアイロン

髪の根元を挟み、アイロンのクリップを開きながら巻きたい位置までカールアイロンをすべらしていきます。巻きたい部分までカールアイロンがきたら、カールアイロンを巻いていきます。

カールアイロン

この状態で約2~3秒を目安にカールアイロンを固定します。この時注意したいのが長く固定すればクセはつきますが髪への負担も大きいので2~3秒ぐらい固定したらカールアイロンのクリップを開いて下方向にすべらせてあげます。

カールがついたら、そのカールがしっかり冷えるまで手でカールを支えてあげます。ドライヤーの冷風で冷やすでも大丈夫です。髪に残った熱をしっかり冷やしてあげることで仕上がりのカールが長持ちします。

仕上げにカールをほぐします

髪の熱がしっかりと冷えたら、仕上げにカールをほぐしてあげます。毛先に向かい揺らしながら手ぐしを通したり、毛束を散らしてカールをほぐします。巻き髪を軽くほぐすとふんわりと自然な感じになります。

カールアイロン

最後にカール部分に軽くスプレーをかけてあげると、よりカールのキープ力が高くなるので1日中長持ちさせたい方にはおすすめですよ。

さいごに

ヘアアイロンはおしゃれにはかかせない必需品なので、初心者さんも正しい使い方をしてヘアアイロンに慣れていって下さい。

こちらでヘアアイロンの間違った使い方

ヘアアイロンのおすすめの使い方

の紹介もされていますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。初心者さんもヘアアイロンの扱いに慣れて、おしゃれをより楽しんで下さい!

  • LINEで送る

コメントを残す

*