美容師が体験レポ!人気ヘアアイロン絹女でくせ毛が治り髪の毛サラサラ

まず初めに、ドライヤーやストレートアイロンの熱から髪を守るためにアウトバストリートメント(洗い流さないトリートメント)を髪につけ櫛でとかし、髪全体になじませてください。

その後、ドライヤーで乾かし、トリートメントを髪に浸透させます。

絹女を実際に使ってみます

kinujotaikenn

手で髪を触った時に、湿りっ気を感じなくなるまで乾かしたら、ストレートアイロン(kinujo)を使い、髪の癖を伸ばしていきます。

kinujotaikenn

アイロンの温度は160~180度が適温です。

それよりも低い温度だと癖が伸びにくくなり、それよりも高い温度だと髪に負担がかかりすぎてしまうので注意してください。

アイロンをしてくとき、前後左右で4つのブロックに分けると、作業がしやすくなります。

左右は、センターパート(おでこの真ん中)で分けて前後は、耳の上から頭頂部までを垂直に分けます。

kinujotaikenn

まず、襟足の部分を3~5cmのスライス幅でとり

kinujotaikenn kinujotaikenn

kinujotaikenn

一度クシでとかしてからアイロンを持っていない方の手の人差し指と中指で髪をはさみ、髪を引っ張り、テンションをかけている状態の髪をアイロンではさみ伸ばしていきます。

kinujotaikenn kinujotaikenn kinujotaikenn kinujotaikenn

(癖が強い方は、スライス幅を薄くしてアイロンをすると癖がまっすぐ伸びやすくなります)

これと同じ作業を頭頂部まで繰り返していきます。

後ろのパートが終わりましたら、横のパートに移り同じ作業をしてきます。

kinujotaikenn kinujotaikenn

一通り全体にアイロンをしましたら、最後に、前後左右に4つのブロックに分けて1パートづつ、クシでとした後、毛先をアイロンで整えてください。

kinujotaikenn kinujotaikenn

これでアイロンの作業は終わりになります。

キヌージョのビフォーアフター写真

まとめ

仕上げにオイルトリートメントや艶出しスプレーを付けると艶髪度120%増しになるのでお勧めです!

今回ご協力して頂いたお店はun format【アンフォーマット】さんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です