ヘアアイロンの初心者でも出来るコテを使った7つの簡単な巻き方!

  • LINEで送る
リバース巻き

コテ・カールアイロンを使った色々な巻き髪を紹介します。巻き方がわからない人や、巻きの種類を増やしたい方は参考にしてみて下さい。かわいく巻いておしゃれを楽しみましょう!

最初の準備が大事

コテ・カールアイロンを使う前にアイロン用のスタイリング剤や、洗い流さないトリートメントを髪につけてあげましょう。つけてあげることで仕上がり時のセット力やうるおい感が違います。トリートメントをつけたら、よく乾かしてブラシを使って髪を揃えてあげることが大切です。

巻く前に軽くストレートアイロンで伸ばす

そのままコテ・カールアイロンを使用して巻いても大丈夫ですが、綺麗な巻きを作りたいときには、最初にストレートアイロンで軽くストレートにしておくとより美しい仕上がりになります。時間があるときは巻く前にストレートアイロンで伸ばしてあげましょう。

巻き髪の紹介

準備が終わったら、いよいよコテ・カールアイロンを使用していきます。このときに巻かない部分の余分な髪をピンやクリップで避けておくとコテ・カールアイロンが使いやすいのでおすすめです。

1:定番!フォワード巻き

フォワード巻き

髪を内側方面にふんわりと巻くスタイルです。柔らかい印象の巻き髪を作りたい方におすすめです。髪の巻きたい部分からコテで挟み、内巻きでアイロンをゆっくりクルクル回していきます。

フォワード巻き

毛先までコテを滑らしたらクリップを外して完成です。

2:ゴージャス!リバース巻き髪

壁を外側に向かって巻くスタイルです。ゴージャスなお姉さんのような印象を作りたい方におすすめです。

リバース巻き

フォワード巻きとは逆に、髪の巻きたい部分をコテで挟み、外側に向かってゆっくりアイロンを滑らせます。

リバース巻き

毛先まで滑らせたらクリップを外して完成です。

3:フォワード巻きとリバース巻きを両立した合わせ技!ミックス巻き

ふんわりフォワード巻きとゴージャスなリバース巻きを交互に重ねて合わせるのがミックス巻きです。普段と印象を変えたい方におすすめです。

フォワード巻き

リバース巻き

交互に内巻きと外巻きをつくり、カールを重ねて完成です。

4:清楚なワンカール!

清楚系女子の印象を作りたい方におすすめのワンカール

ワンカール

毛先を挟んで内側に1回~1回半巻いたら完成です。シンプルなのに上品に仕上がります。

5:ナチュラルなカールの中間巻き

ナチュラルで自然な仕上がりのカールを作りたい方におすすめです。

中間巻き

毛を束に持って、真ん中ぐらいの中間にヘアアイロンを挟んで毛先に向かいながら少しづつ回転させていきます。毛先までヘアアイロンを滑らしたら完成です。

6:トップをふんわりさせる根元巻き

トップのボリュームを増やしてふんわりさせたい方におすすめです。

根元巻き

トップの部分の毛束を持ち、根元をヘアアイロンで挟んで毛先に向かいながら少しづつ回転させていきます。毛先までヘアアイロンを滑らしたら完成です。

7:ふんわり前髪ができる前髪巻き

ふんわりした前髪にさせたい方におすすめです。

前髪巻き

前髪の毛束を持ち、根元をヘアアイロンで挟んで内向きに一回転させます。前髪の量が多い方はブロッキングして、量を調節してあげると綺麗な仕上がりになります。

紹介した巻き方でゆるふわ巻き

今回紹介した巻き方を色々アレンジでゆるふわ巻きなどできます。

フォワード巻き

こちらは中間まではストレートにして毛先をフォワード巻きにした形です。それ以外にも、例えば毛先をワンカール巻きにしてトップを根元巻きにし、前髪も前髪巻きすることでふわふわな印象のゆるふわヘアができます。

他にも違ったアレンジをすることで、沢山のヘアアレンジができるので今紹介した基本をできるようにして、応用で自分に似合ったアレンジを探すのをおすすめします!

仕上げにひと手間加えるとキープ力UP

巻き髪が完成し、髪の熱が冷めたのを確認できたらカールをほぐしてあげます。巻き髪をゆるくほぐしてあげると、ゆるふわな仕上がりになります。

スプレー

ここで仕上げに、ワックスやスプレーのひと手間加えてあげるとキープ力が上がります。時間がある方は、せっかく作った巻き髪が崩れないようにキープ力を高めてあげましょう。

まとめ

今回はヘアアイロン・コテを使った簡単な巻き方の紹介をいたしました。今回紹介した巻き髪をマスターすれば、自分でアレンジして色々な巻き方に挑戦できます。自分に合ったかわいい巻き方を探して女子力UPしておしゃれを楽しんで下さい!

当サイト人気NO1ヘアアイロンはコチラ!

  • LINEで送る

コメントを残す

*