絹女(キヌージョ)ヘアアイロンのおすすめの使い方で1日キープ

  • LINEで送る
キヌージョ

キヌージョのおすすめの使い方を載せてみました。絹女のサラツヤの効果を引き立たせるおすすめの使い方を紹介していきたいと思います。意外と知られていない大事な下準備!

皆さんアイロンを使用する時に、すぐに髪にアイロンをあててませんか?実はそれだけでもストレートは出来ますが、よりもっと綺麗にスタイリングしたい場合は下準備が大事なんですよ。

具体的に何をしたらいいか説明します。まずは髪に洗い流さないトリートメント剤や、コテアイロン用のミストやクリーム等を塗ってあげます。
乾ききった髪に直接アイロンをあてると髪にダメージと仕上がりもイマイチになってしまいます。注意点が1つありまして、トリートメントを塗ってすぐにアイロンはかけないで下さい。
濡れた状態でのアイロンも髪へのダメージの原因です。次にトリートメントをして髪へのコーティングできたら、ドライヤーでブローして下さい。

乾いたらクシで髪を整えて、アイロンをかけたい部分があて易い様にそれ以外の余分な髪をピンなどを使ってブロッキングしてあげましょう。

ブロッキング

この様に、アイロンをかけたい部分以外をブロッキングしてあげるとスムーズにアイロンの操作ができます。

下準備のトリートメントをつけるのをやるとやらないとでは仕上がりの差は全然違いますよ。下準備をしてあげる事でサラツヤ感も増して、キープ力も長持ちします。

ストレートのスタイリングの仕方

個人差はありますが、温度を180℃ぐらいに設定します。次に、髪の毛の束をプレート幅に収まる量にして小分けにしてスライドさせていきます。

キヌージョスライド

アイロンをあてている時間は1~2秒が適度になっています。それ以上の時間をあてていると、髪にダメージを与えてしまう場合もありますので同じ部分には長くあてないで下さい。

キヌージョ

ゆっくり毛先までスライドさせます。

キヌージョ

出来上がりました。終わった後にドライヤーの冷風で、アイロンをあてた部分を
冷やしてあげると、よりストレートのキープ力も上がりますよ。

毛先カールのスタイリングの仕方

ストレートアイロンで毛先をカールさせたい時は、ストレートの場合と同じく下準備をしてブロッキングしたら途中まで真っ直ぐ下におろしていき毛先近くまできたらアイロンを横に傾けながらゆっくりスライドさせていきます。

この時の横の傾け具合によりカールの角度が決まります。強くカールさせたい場合は、アイロンを巻きつけるようにクルクル巻いてスライドさせるとより強いカールが出来ます。

キヌージョカール

アイロンをスライドさせた後に、カールをかけた部分が冷めるまで手で抑えておくと、よりきれいなカールができます。

ストレートの仕方と同様、ドライヤーの冷風で毛先を冷やしてあげると、よりカールのキープ力も高まります。

仕上げもしっかりで1日キープ!

綺麗なカールが仕上がりましたが、1日しっかりキープさせたい場合は更に仕上げもしっかりしてあげて下さい。

まずは、少量のソフトワックス(アリミノ スパイスシスターズ シャイニングストレート)を手に伸ばして毛先のカールした部分にもみこむように馴染ませていきます。

ワックス

このときに注意したいのが、ワックスは少量でいい事です。あまり多くのワックスを使用してしまうと、ベタついたりかえってカールのキープ力を悪くさせてしまいます。

毛先にもみこみワックスが馴染んだら、最後にスプレー(VO5 スーパーキープ エクストラハード)で固めてあげましょう。これで1日中ふわっとカールがキープできます!

ストレートアイロン絹女でのカールは自然なカールが出来ますが、よりもっと巻きたい方や、くるくるとカールを作りたい方には絹女と同様のシルクプレート搭載のコテ、巻女~MAQIJO~のカールアイロンを使用する事で思い通りの巻き髪をセットできると思います。

ワックスとスプレーを試した写真

キヌージョ公式サイト

キヌージョ楽天公式サイト

  • LINEで送る

コメントを残す

*