メンズのくせ毛を治す4つの方法!これで前髪をセットするのに苦労しなくて済む

くせ毛を気にしてしまう男性は多いでしょうが、とくに前髪がクルクルにカールしていると、外出していると手で触ってしまいますよね?

触りすぎているとナルシストと思われてしまい、女性からは変な目で見られるのが嫌かもしれませんが、そんなまわりの目があるからこそストレスがたまってしまいます。

そこで予め前髪がくせ毛でカールしなくなっていると、そのようなストレスも少なくでき、逆に自信が出てくるはず…。

そのためにおすすめのくせ毛を治す方法を、4つ紹介しておくので、自分に合った方法を見つけてみてください!

男性は前髪がきれいじゃないとおしゃれに見えない重要な場所

maegami

もともと男性がよく前髪を触ってしまうのは、髪型として1番重要な部分だから。

女性からしたらその問題をよくわかっていない人が多く、変な目で見て来るんですよね…。

とくにくせ毛なら外出すると、前髪から崩れてしまうでしょう。

それを目にしたら髪型そのものが、きれいにセットできていない…と、気になって仕方がなかった経験がありますよね?

これはすべて前髪が原因だと思っていいですよ。だからこそくせ毛は前髪がきれいにセットするのが重要なんです。しかしなぜここまで前髪が重要なのか知っていますか?

ツーブロックなどが流行っているからこそ前髪で個性を出すべき

tu-buroku

男性が髪型で悩む場合、1番慎重に考えるのが前髪。それはとくに重要な場所だからと、自然と思い込んでいるからでしょう。

理由なんて知る必要はありませんが、この原因を知っておくと髪型が決まっていないな…と思ったら、前髪さえ治せば案外他が乱れていても気になりません。

なぜ前髪が重要なのか?それは前髪以外のところが、極端に短い髪型が流行っているからなんです!

くせ毛の人が前髪で悩むのは、ツーブロックのような刈り上げをしていませんか?

この髪型だと1番長くなっている部分が前髪です。もちろんツーブロックでなくても、男性の髪型は短いものが多く、強いていえば前髪が長くなっているでしょう。

長い髪から順番にくせ毛がひどくなるでしょうから、前髪ばかりが気になってしまうのがわかりますよね?

つまり「髪型がなんか決まらないな…」と思ったら前髪をセットしなおすか、最初からくせ毛が治るような対策ができていれば、くせ毛が気にならなくなりますよ。

前髪のくせ毛はすぐには元には戻せないからこそ治す方法を活用

ちなみにくせ毛になってしまう原因を知って、元からくせ毛を治そうとしている人もいるかもしれませんが、それもナンセンス!やらないよりは対策を続けていたほうが、効果があるのはたしかですが、もともとくせ毛になってしまうのは以下のものが原因です。

  • 親族の遺伝からくせ毛に…
  • 生活習慣からくせ毛に…
  • 頭皮が詰まっていてくせ毛に…

大まかに言ってしまえば、これらが原因でくせ毛になってしまうのですが、パッと見た感じすぐに改善しなさそうですよね?

今から紹介する方法を実践しつつ、根本的にくせ毛を解消する方法をセットでしていると、今よりはくせ毛がよくなるかもしれません。

しかし即効性が期待できないので、同時進行で以下のくせ毛を治す方法をしてみましょう。

男性の前髪のくせ毛を治す4つの方法

男性は前髪のくせ毛が原因で、なぜか全体の髪型が決まらない…となってしまいます。

だからこそ前髪のくせ毛さえ治す方法を知っていれば、それなりにおしゃれな髪型になれて、すぐにイメージチェンジができるでしょう。

もちろん正しい方法を把握していないと、前髪はすぐにくせ毛で戻ってしまいますよ。

面倒ならドライヤーでセットしてもOK!

ドライヤー

前髪のくせ毛を治す1番気軽な方法は、お風呂から出た後に、きれいにドライヤーで乾かすこと!しかしただ乾かすだけだと、外出した瞬間に元に戻ってしまうんですよね…。

これの原因はなんだか知っていますか?じつは外にある湿気を髪が吸ってしまうこと。

湿気を吸収させないためには、ドライヤーで乾かす前に洗い流さないトリートメントなどで、前髪をしっかり保湿してあげましょう。

ちなみにヘアケア剤のパワーによっても、きれいに前髪をセットできない場合があります。

洗い流さないトリートメントの保湿力と、自分の目指す前髪のバランスをチェックしておきましょう。

基本的にこのヘアケア剤は、痛みが出やすい女性に向けたもの。男性の場合は短い髪型が多いため、保湿力がありすぎて前髪がペッタンコになり、きれいにセットできません。

つまりなるべくサラサラになるタイプを選んで、それをドライヤーの前に付けてから、乾かすのがおすすめですよ!

キッチリくせ毛を治したいのならヘアアイロンを活用

ドライヤーで前髪のくせ毛をきれいにする場合、自然な感じに仕上げるのに向いています。

しかしくせ毛の度合いによったら、収まらないケースもありますよね?そこでヘアアイロンを使うと、確実にまっすぐになるでしょう。

ちなみにヘアアイロンの最高の温度をチェックするのがポイント!市販のヘアアイロンは温度がそこまで高くないものが多いので、くせ毛がひどい人だと、満足のいく前髪にならない可能性大!140度前後が一般的ですが、逆にそれ以上の温度にする場合も注意しましょう。

男性の場合は前髪でも比較的短いため、アイロンでセットをして失敗すると、修正できなくなってしまいます。慎重にする意味でも140度前後がちょうどいいですよ。

さらに毎回ヘアアイロンで前髪をセットしていると、いくら髪が短い男性でも必ず痛みが出てきます。

痛みが出てくると、ヘアアイロンでもきれいにセットできなくなってしまうため、ヘアケア剤で保護しながらアイロンを使うのがベスト!

セットを持続させる効果もあり、洗い流さないトリートメントを準備しておきましょう。

くせ毛独特のカールを消したいのなら美容室で部分ストレート

男性なら前髪がきれいにならないと、髪型そのものがパッとしないため、前髪のくせ毛さえまっすぐになれば問題が解決されますよね?それでも毎回ヘアアイロンを使うのも面倒で、続かない…と思った人もいるでしょう。

それなら美容室へ行って、前髪だけストレートパーマをするのもおすすめ!これにもポイントがあるので注意して美容師さんと相談してくださいね。ストレートパーマには、大まかに分けて、2種類に分けられます。

  • 縮毛矯正
  • ストレートパーマ

それぞれメリットやデメリットがありますが、男性のくせ毛をきれいにするなら、ストレートパーマがピッタリ!縮毛矯正は薬剤のパワーが強いので、髪の毛1本ずつがピンとなって、不自然な髪型になってしまいますよ。

あえてくせ毛を活かした髪型に変えるのもおすすめ

くせげ

前髪をまっすぐにするのもひとつの方法ですが、それ以上に個人的におすすめなのが、くせ毛を活かす髪型にする方法。

前髪がカールして目立っているのは、髪型全体が均一になっていないから変だと思ってしまうんです。

しかしパーマで全体を均一なカールにしてしまえば、おしゃれなくせ毛に早変わり!前髪だって気にしなくても、クセが活きておしゃれになれますよ。

まとめ

今回は男性のくせ毛を治す方法を紹介しました。手っ取り早い方法は、ヘアアイロンで前髪をまっすぐする方法ですが、失敗すると修正できないデメリットがあります。

一発でセットできない自信がないなら、ドライヤーを使うのがおすすめ!髪が短い男性なら、この方法がちょうどいいかもしれません。

しかし毎回セットするのが面倒な人もいるでしょうから、美容室で前髪だけストレートパーマをするのもいいでしょう。

くせ毛の度合いによったら、全体にあえてパーマをかける方法でも、均一なカールができておしゃれなりますよ!好みや気分によって、対策の方法を変えてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です