特選メンズの女子ウケ髪型!ヘアアイロンの巻き方一つで好感度アップ

  • LINEで送る
mens-sutairu

男性の皆さんは、普段ヘアアイロンを使っていますか?ヘアアイロンを使えば、ヘアワックスだけでは作れないヘアスタイルだって、簡単に作ることができるんですよ。

でも、髪が短かったりすると、どうやって使うのかイマイチ分からなかったり、男性用のヘアアイロンってあるのか疑問ですよね。

なので、今回は使い方とヘアスタイル、おすすめのテクニックを紹介していくのでぜひ参考にしてみてください。

メンズってヘアアイロンを使うの?

おそらく、メンズがヘアアイロンを使うのか?と疑問な方もいらっしゃると思います。

日常的にヘアアイロンで髪をセットしているメンズは、若い子やおしゃれに敏感な方ぐらいかもしれません。

しかし、ヘアアイロンを使わない理由は、使い方が分からないからではないでしょうか?

そして、火傷しそうだし、面倒だという印象もあるでしょう。

男がヘアアイロン使うなんてナルシストみたいで嫌だと考えの人もいるかと思います。

しかし、原宿や渋谷などおしゃれに対する感度が高い場所で調査すると、ヘアアイロン所持率は一気に高まります。

何故彼らはヘアアイロンを使うのでしょうか?

その答えは、慣れちゃえばとても簡単だからです。

よくありがちなヘアアイロンに対する誤解は、髪をまっすぐにするために使うものだと思っている方もいます。

確かに、髪をまっすぐにすることにもとても便利ですが、ヘアアイロンの用途はそれだけではないのです。

また、ヘアアイロンって髪を盛り盛りにするときつかう物だという誤解もよくあります。

確かに、ヘアアイロンを使えば盛り盛りした髪型も作れますが、メンズでヘアアイロンを使う理由はこれではありません。

アイロンは、セットの土台として髪を整えることに使うものなのです。

メリハリのあるヘアスタイルだって、ヘアアイロンがあれば作れる

髪を整えたいときは、ブラシやクシでとかせば大丈夫だろうと思われるかもしれません。

でもメンズのヘアスタイルは、女子と違いまっすぐにすれば良いというわけではあないのです。

メンズはトップをふんわりさせて、顔周りのボリュームを抑えているのが、立体的で支持されています。

立体的なヘアスタイルを作るには、ヘアアイロンで整えれば簡単にできますが、ワックスだけではかなり難しい方法になります。

パーマをかけているのなら話は違いますが、ワックスやジェルなどでは外ハネをつくることは容易ではありません。

しかし、ヘアアイロンを使えば、外ハネなどのカールだって簡単に作れちゃうんです。

ヘアアイロンはどこに使えばよいのか?

メンズのヘアアイロンをかけるべき箇所は顔周りがメインになります。

ヘアカタログや参考にしたいモデルさんの画像でも見て、カッコいいとされる色々なヘアスタイルを見てください。

モデルさんのセットを見ていると、顔周りは膨らまないように、キリッと抑えているヘアスタイルになっていると思います。

毛先をハネて遊ばせていたとしても、根本はきっちりとストレートにして抑えていると思います。

ここを抑えることで、頭が小さく、顔も小さくして小顔効果が生まれます。

小顔効果を意識したスタイリングをするだけで、かなり印象が変わってきます。

次にトップが髪質やカットでぺたんと潰れてしまっている方は、ここを少しカールを付けて立ち上げてください。

メンズヘアスタイルの 黄金バランスはひし形と言われています。

トップを少し立ち上げ、ふんわりとさせることで、このひし形の形に近づくことができます。

メンズがヘアアイロンで整えるべき大切なポイントはこの2つがメインです。

最低ここだけセットするだけで格段に印象が変わります。

ヘアアイロンの扱いに慣れれば、2~3分ほどの作業で簡単にできちゃいます。

ヘアアイロンを使う前に準備しておくと良いもの!

・コーム

現在のメンズヘアスタイルにおいてコームがよく使用されます。

ドラッグストアや百均で売っているものでOKです。

短めで、なるべく目の細かいコームだとヘアアイロンを使う前によいです。

ヘアアイロンを使う前に、髪をコームでとかしてます。

コームで髪をとかすことで、髪が絡まっていることによって生じる熱のムラが無くなって、綺麗にヘアアイロンをかけてあげることができます。

ヘアアイロンのすべりもよくなるし、この一手間をするだけで、スタイリングのセットの時間を短縮してくれます。

髪の毛が絡んでいるとその分セットしづらいと思ってください。

特にヘアアイロンは、髪が絡んでいると均等に熱が伝わりにくく、セットしづらくなってしまいます。

・ダッカール

ダッカールはセットするときに髪を留めておくのに使います。

ヘアスタイルによるセットは、一番下の髪から上へ順々にセットしていきます。

下の髪にアイロンを通すときに、上の髪が邪魔になるので、上の髪をこれで留めておくとヘアアイロンをかけやすくなります。

ダッカールを使わないと、根本までヘアアイロンが出来なくて、仕上がりがいまいちだったり、上の毛が邪魔でやりにくかったりします。

ダッカールをしっかりと使ったほうがヘアアイロンを使いやすいので使ってみてください。

・ヘアアイロン

ヘアアイロンがないと何も始まりませんw

こちらにメンズの方が使いやすいヘアアイロンを紹介していますので、まだヘアアイロンを持っていない方や、新しいのを購入しようと検討している方は参考にしてみてください。

痛まないヘアアイロンランキング

ヘアアイロンを使用する前にすること

ヘアアイロンを使用する前に、髪にダメージを与えないように準備をしておきましょう。

髪はしっかりと乾かしてから

お風呂上がりの濡れた髪は、髪の毛から水気がなくなるくらいに、しっかりと乾ききるぐらいにドライヤーで乾かしてください。

髪が濡れた状態でヘアアイロンをすると、髪に多くのダメージを与えてしまうので、髪を触って湿気を感じなくなるまでしっかりと乾かしましょう。

ダメージを抑えるクリームやオイルを使っておくとGOOD!

ヘアアイロンは高温で髪の毛の成分を変形させます。

ヘアアイロンを使うことで、少なからず髪の毛にダメージを与えます。

そのため、ヘアアイロンを使用する際は髪の毛の保護も兼ねて、洗い流さないトリートメントの使用をしておくとダメージを抑えられます。

おすすめのトリートメントはこちら↓

髪の毛を痛めないためのヘアアイロン用のスタイリング剤の使い方

注意:トリートメントをつけて、すぐにヘアアイロンを使用すると、水分が残っていて、逆に髪にダメージを与えてしまう原因になってしまうこともあります。

トリートメントをつけたら少し時間を置くか、ドライヤーで乾かしてからヘアアイロンを使うようにしてください。

ヘアアイロンを使う際のポイント

ヘアアイロンの温度設定が重要

ヘアアイロンを使ったセットをするポイントは、温度の設定が重要になります。

髪へのダメージが気になって、低い温度でセットしてしまいがちですが、160℃ぐらいでヘアアイロンをかけている方が多いと思います。

しかし、低い温度でセットしても、セットした直後は上手にできたと思っても、時間が立つにつれて元に戻ってきます。

温度が低ければ低いほど、もとに戻る時間が早くなります。

半日保てば大丈夫だという場合は低い温度でも平気ですが、ほとんどは一日保たせたいと思います。

その場合は、なるべく高い温度に設定してください。

だいたい180℃ぐらいの温度が髪へのダメージとセット力を考えておすすめの温度になります。

クセや髪質が頑固な方は190℃ぐらいでもよいかもしれません。

ヘアアイロンをかけて温めた後は、その状態をキープして冷やしてあげましょう。

そうすることで、髪がその状態を保ちやすくなります。

それでは、下記に簡単にできるヘアアイロンを使ったテクニックを紹介します。

ヘアアイロンを使ったテクニック

前髪をぺったりさせないテクニック

ストレートアイロンの悩みで結構多いのは、前髪がまっすぐになりすぎて不自然

になってしまうというものです。

これは前髪を真っ直ぐ下に降ろしてしまうのが原因となっています。

不自然な前髪にならないようにするには、前髪の中間までは前に向かって伸ばしていき、そこから内向きにカールを作るようにかけていくと上手くいきます

横からみるとアルファベットのCの字のような丸みを帯びたカールを作ると良い感じに仕上がります。

外ハネをつくるテクニック

ヘアアイロンは髪を真っ直ぐにするだけ以外にも、外ハネを作るのも簡単にできます。

ハネさせたい毛先をヘアアイロンではさんで、手首を返すように使ってあげると髪がハネて、上手く外ハネを作る事ができます。

前髪のアップバングをつくるテクニック

前髪が長くてアップバングのつくりかたがわからない方に紹介したテクニックは、前髪の持ち上げたい量を取り、ヘアアイロンではさみ、上に反り返すようにヘアアイロンを滑らせてあげます。

そうすると、綺麗な前髪のアップバングをつくることができます。

まとめ

ヘアアイロン一本で、ボリュームのあるところを抑えたり、ボリュームを出したりと、色々髪を整えて下地をつくることができます。

しかし、ヘアアイロンだけでセットが全部OKではありません。

重すぎる髪に、いくらヘアアイロンを使っても、ボリュームを抑えるのには限界があります。

また、ヘアアイロンを使ってセットしても、その後のワックスを使わなければ、質感やキープでは長く保ちません。

ヘアアイロンはメンズのヘアセットにおいて、欠かすことのできない重要なものですが、これだけで全て完結するものではないのです。

良質なカット、ヘアアイロンで髪をセット、ワックスでのセットの全てが相まって、メンズのヘアスタイルは完成します。

ですが、ヘアアイロンの扱いに慣れれば、簡単に印象をぐっと変えてくれるので、ヘアアイロンを使わないのは本当にもったいないですね。

是非、これを機にヘアアイロンを使って髪のセットを始めてみてください!

  • LINEで送る

コメントを残す

*