【オイル・ミルク編】人気おすすめ洗い流さないトリートメントランキング!

普段お風呂上りに、洗い流さないトリートメント、アウトバストリートメントを使用していますか?洗い流さないトリートメントには、ミルクタイプやオイルタイプなど沢山の商品がありますね。

そんな多くの商品の中、いざ選ぼうとすると自分の髪にどれが合っているのかってわからないし、悩んでしまうと思います。

洗い流さないトリートメントだけでも数百種類もあるので、迷って悩んでしまうのは当たり前です。

ここでは、洗い流さないトリートメントのおすすめをランキング形式にして紹介していきます。

今まで、多くのトリートメントを使ってきて、実際に良かったと思う商品を並べていきます。

洗い流さないトリートメントを購入で悩んでいるのであれば、参考にしてみてください。

洗い流さないトリートメントは必要なの?

洗い流さないトリートメントは、髪のダメージ進行を予防してくれる役割があります。

実は、髪は普段からあなたが想像している以上のダメージ、負担がかかっているのです。

髪に負担を与える原因には、乾燥、紫外線、静電気などがあります。

これらの原因は、お風呂でするトリートメントだけでは防ぐのが難しいのです。

そこで、その負担を和らげてくれるのが、洗い流さないトリートメントになります。

髪につけたまま、洗い流さないタイプなので、つけておけばずっと髪を刺激や負担から守ってコーティングしてくれます。

それ以外にも、質感をコントロールし、扱いやすく思いどおりの髪に導くという役割もあります。

その効果で、くせ毛を落ちつかせたり、ハリを出すことなどもできます。

是非、洗い流さないトリートメントを上手に使いこなし、綺麗な髪に導いておしゃれを楽しみませんか?

普通の流すトリートメントとの違い

洗い流すタイプのものは髪の栄養補給を目的としたものが主流となっています。

洗い流さないトリートメントとは効果や使い方が違うので、髪のダメージが気になる方はどちらも併用するのがおすすめです。

洗い流さないトリートメントのメリット

洗い流さないトリートメントのメリットは、髪が綺麗になる、髪の保護になる、髪がまとまるなどのメリットがあります。

他にもツヤ感がでたり、スタイリング剤の代わりになったりと、髪にとってのメリットはとても高くなります。

髪が綺麗だと、全体の印象もグッと明るくプラスされます。

洗い流さないトリートメントのメリットは高いので、できるのであればしっかりトリートメントを使うようにしましょう。

洗い流さないトリートメントのデメリット

洗い流さないトリートメントのデメリットは、コスト、手間がデメリットになります。

髪に対してのデメリットはありませんので、日本人は髪にダメージを受けやすいので、洗い流さないトリートメントをすることおすすめします。

洗い流さないトリートメントの使い方

洗い流さないトリートメントの使い方は、お風呂上りの濡れた髪に使います。

しかし、ものによっては乾いた髪にも使えたり、ドライヤー後の潤い補給として使えたりと様々になっています。

お風呂上りに使うタイプ、乾いた髪(ヘアアイロン前)に使うタイプを説明していきます。

お風呂あがりに使うタイプ

お風呂あがりに使うタイプは、お風呂後にタオルで髪の水分をしっかり取ってあげ、適量を手のひらに広げます。

まずは、毛先を中心につけて、それから全体になじませます。

全体になじませたら、ドライヤーで乾かしてください。

ミストのトリートメントの場合は、手のひらではなく、髪にスプレーをした後に手ぐしでなじませます。

ミルクもミストもつけすぎるとベタつきの原因になるので、つけすぎないように使用してください。

乾いた髪に使うタイプ

乾いた髪に使うタイプは、乾いた髪やヘアアイロンを使う前に使用します。

適量を手のひらに広げて、毛先中心につけて全体になじませます。

その後ドライヤーなどでしっかり乾かしてから、ヘアアイロンやコテを使うようにしましょう。

このヘアアイロンを使うときに、髪がしっかりと乾いていないと、逆に髪にダメージを与えてしまう原因となりますので注意してください。

どのタイプのトリートメントを使う場合でも、少量ずつつける、毛先から全体になじませる、ドライヤーで乾かすのが大切なポイントです。

中には、ドライヤーの熱によって効果を発揮するものもありますので、しっかり確認をしてください。

洗い流さないトリートメントを選ぶポイント

洗い流さないトリートメントには

  1. オイル
  2. ミルク
  3. ミスト

という3つのタイプがあります。それぞれの特徴や、髪の状態により使うタイプは違います。

それぞれのタイプの特徴を知っておくことで、自分に合ったトリートメントを見つけてください。各タイプの特徴をみていきたいと思います。

・オイルタイプ

油分が多く、熱や乾燥などのダメージから髪を守ってくれます。保湿性は高くはありませんが、つやがでてさらさらになります。

・ミルクタイプ

油分と水分のバランスがよく、傷んだ髪のダメージケア効果が高くなっています。熱から髪を守る効果は低いですが、しっとりした髪質になります。

・ミストタイプ

保湿成分が溶けて髪へ浸透しやすく、ダメージケア効果も高くなっています。熱から髪を守る効果は弱いのですが、軽いつけ心地で重くなりません。

自分に合うタイプのトリートメントを選びましょう。

また、髪の状態に合わせたおすすめのタイプはこちらになります。

髪の広がりを抑えたい→オイルタイプが効果的

髪が太くてごわつく→ミルクタイプが効果的

髪が絡まりやすい→ミストタイプが効果的

それぞれのタイプの特徴や髪の悩みを照らし合わせ、自分に合ったタイプを見つけてください。

注意:オイルタイプでも軽めのものや、ミストタイプでも重めのものなど、各タイプの中でも商品により差があります。

パッケージやキャッチコピーをよく見て特徴を確認してください。

気になっているアイテムに、もしテスターがあれば、実際の使い心地を確認してみるのがおすすめです。

これらの基準をもとに厳選したおすすめの洗い流さないトリートメントをご紹介します。

人気おすすめ洗い流さないトリートメントのランキング

第10位 ロレッタ

ロレッタのオイルは、かなり軽い質感のオイルになります。サラサラ感はあるのですが、ハイダメージの髪だと物足りなく感じるかもしれません。

ベタつきがほとんどなくて、つけた後もすぐに髪になじむ感じがあります。香りも良くて、使いやすいオイルタイプになります。

お好みもありますが、軟毛の方に向いているオイルトリートメントになります。

価格:2041円 120ml

トリートメントの種類:オイル

第9位 ケラスターゼ ソワン オレオ リラックス

美容トリートメントの王道のケラスターゼです。

なかでもオレンジのボトルのこちらのソワン オレオ リラックスが一番人気です。

ケラスターゼを使ってるという方は、ほとんどがこのソワン オレオ リラックスをお使いなのでは?

それぐらい王道のみんな使っているトリートメントです。

香りがキツめになっているので、強い匂いが苦手な人には少々マイナスです。

ですが、保湿力や髪のさらさら感はとても優秀なトリートメントになります。

価格:2530円 125ml

トリートメントの種類:オイル

第8位 ミルボン エルダージュ エマルジョンプラス

ヘアケアブランドで有名なミルボンの洗い流さないトリートメントです。

エルジューダはオイルタイプもあるのですが、人気があるのはこちらのミルクタイプになります。ベタベタしないで、しっとり感となめらかさを髪に与えます。

バオバブエキスという保湿力が高い植物由来成分を配合していて、動かしやすい、やわらかくふわっとした髪に導いてくれます。

価格:1684円 120ml

トリートメントの種類:クリーム

第7位 モロッカンオイル

これもかなり人気のある洗い流さないトリートメントです。

アルガンオイルという非常に貴重なオイルを使った大人気のヘアトリートメントです。

アルガンオイルというのはモロッコ原産のアルガン樹という木から取れて、100kgの実からわずか1リットルしか抽出できないので大変希少な成分だそうです。

抗酸化力に優れており、美容にも大きな効果を発揮します。

しっとり感がかなり強いので、剛毛や髪の乾燥がひどい人に効果的です。

その反面、軟毛の人はベタつきやすいというデメリットもあります。

価格:3900円 100ml

トリートメントの種類:オイル

第6位 N.ポリッシュオイル

巷でInstagramで有名なのがこちらのN.のトリートメントです。

保水力がとても高いのが特徴です。

しかし、保水力が高めになっているので、つけすぎるとベタつきが気になります。

髪のダメージが気になる人におすすめのトリートメントになります。

価格:2808円 150ml

トリートメントの種類:オイル

第5位 クイーンズバスルーム アメイジングシャインオイル

シャンプーで有名なクイーンズバスルームの洗い流さないトリートメントです。

このクイーンズバスルームのヘアオイルは、新しい油脂成分により、髪に輝き、ツヤ、まとまりを与えてくれます。

美しい髪へケアしたいのであれば、こちらのクイーンズバスルームの洗い流さないトリートメントはおすすめです。

価格:3240円 100ml

トリートメントの種類:オイル

第4位 リピアミューズ

リピアミューズの洗い流さないトリートメントは、質感、成分、香りにこだわって作られた高純度のトリートメントです。

リピアミューズ独自のシリコンケアと12種類の天然オイルが配合されていて、サラサラの髪に導いてくれます。

質感、成分、香りに重点を置いているので、しっかりケアしながら綺麗にしたい方におすすめです。

価格:2700円 100ml

トリートメントの種類:オイル

第3位 ラスティークヘアオイル

オイルとクリームがセットになっているのがラスティークの洗い流さないトリートメントです。

アルガンオイル、ヒアルロン酸、プラセンタなどの高級美容成分をふんだんに詰め込んだ贅沢な美容液のヘアケアになります。

髪の内部にあるケラチン繊維を補修して、水分を逃さずに綺麗に導いてくれます。

高濃度スキンケア由来の、美容液、保湿クリームの2種類が特徴のトリートメントになります。

価格:4233円 120ml,120mlのSET

トリートメントの種類:オイル、クリーム

第2位 La Sana Premior(プレミオール)

マイナス5歳の髪に導く高純度髪の美容液がラサーナのプレミオールです。

海藻エキスの高い保湿力ダメージヘアに、ツヤと滑らかさを与えて、しっとりとした大人のツヤ髪に導いてくれます。

くせ毛の方にも効果的なオイル成分が配合されていて、うねって大変なスタイリングも楽にしてくれます。

湿気による髪の広がりを抑えて、スルンと髪がまとまって、魅力的な髪にしてくれます。

プレミオールに使われているオイルは全てオーガニックになっているのも魅力です。

香料、防腐剤なども使っていないので、安全性も高くなっています。

価格:2700円 60g

トリートメントの種類:オイル

第1位 リシリッチ利尻ヘアクリーム

リシリッチ利尻ヘアクリームには50種類もの美容成分が配合されていて、髪のコンディションを整え、保湿効果をもった、利尻エキスが配合されているのも特徴です。

髪の毛の乾燥で起こる、パサつき、ごわつきえお抑える植物オイルにはアルガンオイル、ツバキ種子油、ヒマワリ種子油、シアバターなど多くの成分が贅沢に配合されています。

無添加、ノンシリコンで肌が弱い方でも安心してお使いできるようにこだわっているのもおすすめのポイントになります。

今だけ、初回購入の方は、返金保証付きの1,350円で購入できます。

さらに、無料でお試しできるサンプルもついていて、サンプルを試して気にいらなければ全額返金ができますので、実質”0円”でお試しをすることができます。

洗い流さないトリートメントを購入で迷っている方は、まずはこちらのお試しを使ってみるのをおすすめします。

価格:1350円 60ml

トリートメントの種類:クリーム

体験レポートはコチラ!

今日からできる髪のケア

シャンプーのケアが大切

健康な髪でいるためには頭皮の健康が重要です。

毎日行うシャンプーは頭皮への影響が大きく、間違った洗い方をすると乾燥や頭皮トラブルを起こしてしまいます。

正しいシャンプーのケアを紹介しますので、参考にしてください。

1.シャンプーをする前にブラシでとかす

浴室に入る前にブラシで髪をとかしてあげると、シャンプーの泡立ちを良くして、髪の毛の汚れを落としやすくする効果があります。

泡立ちを良くすることで、頭皮に泡がしっかりと届いて、汚れをしっかり落としてくれます。

髪の長い女性は、特にブラッシングすることが重要で、シャンプー前のブラッシングを習慣にしてあげてください。

2.ぬるま湯の38℃前後でしっかりと洗い流す

熱すぎるお湯は頭皮にとって良くありません。

頭皮の乾燥や、逆に皮脂の過剰分泌に繋がる可能性がありますので注意してください。

髪を洗うときは38℃前後の少しぬるいと感じるぐらいの温度がベストになります。

流しているときに、指の腹を髪の毛の間に入れて、軽く動かしながら洗い流しましょう。

洗い流しをしっかりすることで、髪の毛についた汚れやほこりの80%を洗い落とせます。

3.シャンプーは手で泡立ててから使う

シャンプーは手で泡立ててから使いましょう。

シャンプーのタイプによっては泡立ちにくいものもありますが、 泡が髪の毛ではなく、頭皮にきちんと届くことが重要になります。

シャンプーは頭皮の洗うものなので、頭皮にきちんと泡が届くようにちょうど良い量を見つけてください。

泡立ちが足りなかったときはシャンプー剤を少し足してあげましょう。

また、お湯を少しつけることで泡立ちが良くなります。

そのときもシャンプー剤を直接地肌につけないように軽く手のひらで泡立ててから洗うようにしてください。

4.マッサージしながら洗う

有効な頭皮ケアに、シャンプーのときにできるマッサージがあります。

マッサージは指の腹をできる手軽なケアで、なおかつとても効果があります。

シャンプーのときに、マッサージを取り入れることで頭皮の血行が活性化し抜け毛予防にも効果的になります。

毛穴の汚れもマッサージによってしっかり取り除くことができますのでおすすめです。

5.最後はしっかりすすぐ

頭皮トラブルで多いのがシャンプーのすすぎ不足の原因があります。

シャンプーの成分が地肌に残ってしまうと、かぶれ、毛穴のつまりを招いて、トラブルを引き起こす場合もあります。

せっかくしっかりと洗っても、すすぎをおろそかにしてしまうと意味がありません。

シャンプーのぬるつきがとれても成分はまだ頭皮に残っていますので、思っている以上にすすぎは念入りにしてください。

目安は3分~5分程行いましょう。

丁寧に行うことで頭皮を清潔な状態に保つことができます。

まとめ

あなたのお気に入りのトリートメントは見つかりましたか?

髪のケアには、自分に合った洗い流さないトリートメントを正しく使うことが大切です。

自分に合ったものを正しく使うことで、髪への効果を実感すると思います。

綺麗な髪へと導くには長い期間の時間が必要となります。

毎日の少しずつケアをしていくことで、髪は綺麗になっていきます。

ダメージが気になる方も、まだダメージが少ない方も、早めからのケアによって未来の髪の美しさが変わってきます。

今から未来のあなたの髪を守っていくことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です