ヘアアイロンで火傷してしまったときの適格な対処法

  • LINEで送る
ヘアアイロン火傷

ヘアアイロンを使い慣れていないと、おでことか襟足近くの首元とかついつい火傷してしまう事もありますよね。そんな時にどういった対処がいいのか調べてみました。火傷した時には焦らずしっかり対処することでキズが残らずに済むので事前に知っとくといざと言う時に役に立ちます。

ヘアアイロンを使う時に1番気をつけなければならないことは火傷です。特に朝慌ただしい時間帯に使用する時にはついつい急いで手で直接触ったり滑って落として火傷してしまうことがあります。そんな時に病院に行く前に家で出来る対処方法になります。

氷や冷水で冷やす。

氷や冷水で冷やす。

1番いいのは、氷や冷たいお水で冷やす事です。
ヘアアイロンを使用しての火傷なのでお家で起きる事が多数ですよね。

そんな時1番手っ取り早くて身近にある対処法は、氷やお水で火傷してしまった箇所をよく冷やす事です。タオルやハンカチを濡らして、あてたりするのがやりやすくていいと思います。

火傷をしてしまったら、時間を置かずにすぐに冷やしましょう。
すぐの応急処置が大事なので熱いと感じたらすぐに冷やす事を心がけましょう。

よく冷やした後に、ワセリンを塗る

ワセリン

お水でよく冷やした後に、ワセリンを塗ってあげると治りが良いみたいです。
火傷箇所に、乾燥が良くないみたいでワセリンを塗って保湿してあげると治療にいいみたいです。

注意点で消毒や化粧水等はかえって逆効果みたいなのでワセリンがなかった場合は何もつけない方がいいです。

それでも痛かった場合は皮膚科の病院へ

アイロンでの火傷ですと、大体が一瞬で熱いと感じ離すので、上記の2点の内容で十分対処可能ですがそれでも痛い場合は、皮膚科に行きましょう。

皮膚科の病院なら火傷専門のお薬等処方してくれるのでどうしても痛くて気になる際は、病院に行くことをおすすめします。

火傷してしまった時の対処方法まとめ

つい火傷してしまった場合は、すぐの対処が大切です。
お水で冷やすだけでも全然違いますので、熱いと思ったらすぐに冷やしてあげましょう。

また火傷しないためにも、火傷しにくい構造になっているヘアアイロンを使用する事をおすすめします。

  • LINEで送る

コメントを残す

*