【2019最新版】髪が痛まないおすすめの人気ストレートヘアアイロンのランキング

ストレートのヘアアイロンを使っておしゃれに髪をセットしたいけど、髪へのダメージが心配で気になるとの声が多いので、使用感が良くて髪へのダメージを抑えてくれる人気でおすすめのストレートヘアアイロンをランキングにて発表していきます。

また、ヘアアイロンを購入する際に覚えておきたいポイントや使用方法などを紹介していきます。

新しいヘアアイロンの購入を検討している方や、髪へのダメージを気にしている方は是非参考にしてくださいね。

目次

ヘアアイロンはどこで売っているの?

ヘアアイロンはネットでの購入や家電量販店などで販売しています。

家電量販店では実際に手に取ってみて、重さや大きさなどのイメージがわかりますが、一般のメーカーの物しか置いてなくて優れたヘアアイロンを見つけるのが難しかったりします。

しかし、ネットでの購入だと逆に沢山のヘアアイロンが出回っていて、どのヘアアイロンが良いのか選ぶのが難しかったりします。

ここでは、そんなときにヘアアイロンを比べるポイントや注目する点を説明していきますので、ヘアアイロンを選ぶときに覚えておくことをおすすめします。

ヘアアイロンの種類

一般的にストレートヘアアイロンのことをヘアアイロンと言います。

最近では、多くの種類のヘアアイロンが出回っていますが、ヘアアイロンの基本的な種類は主にストレートヘアアイロンとコテのカールヘアアイロンになります。

今回紹介するヘアアイロンのランキングにはストレートヘアアイロンを紹介していきます。

カールヘアアイロンをお探しの方はこちらのカールヘアアイロンの記事を参考にしてください。

巻き髪におすすめ!痛まない人気【カールヘアアイロン】ランキング

ヘアアイロンのデメリット

ヘアアイロンは熱の力を利用して、髪を真っ直ぐにします。

髪の毛は熱にとても弱いので、ヘアアイロンを使用すると髪にダメージを与えてしまいます。

また、髪を挟むプレートの摩擦も髪にダメージを与える原因になります。

ヘアアイロンでセットをしたいけど、髪がパサついてダメージが気になる方はヘアアイロンのプレート選びに注意してください。

摩擦力の低いプレートを選べば髪へのダメージをグッと抑えてくれます。

プレートの種類

現在の主なプレートの種類は、セラミック、チタン、テフロンが主流になっています。

髪が痛んでいてダメージが気になる方は、なるべく摩擦力が低いテフロンかチタンを選ぶのがよいでしょう。

一番摩擦力が低い素材はテフロンのプレートになります。

各プレートの詳しい説明はこちらのプレートの記事を参考にしてください。

ヘアアイロンで重要なプレートの材質の違いや種類を比較!

プレートに注目した上で、使い勝手や温度が温まるまでの時間などを総合してヘアアイロンを厳選してランキング形式にして発表していきます。

特徴やデメリットを載せているのでプレゼントやヘアアイロンを探している方は参考にしてください。

2019最新版 髪が痛まないおすすめの人気ストレートヘアアイロンのランキング

第10位:HAIRBEAURON ヘアビューロン4D

特徴

ランキング第10位にはヘアビューロンがランクインしました。ヘアビューロンはとても有名なヘアアイロンの一つです。

ヘアビューロンの最大の特徴は、革新的テクノロジーのバイオプログラミングという独自の技術になります。

このバイオプログラミングの技術は、ヘアアイロンを使えば使うほど髪が美しくなるという、神の性能で魔法のようなすごい特徴があります。

プレートは、そのバイオプログラミングが施された特殊セラミックス加工されたプレートを使用しています。

最高温度は180℃まで上昇します。髪のくせが強い方には少し力不足に感じるかもしれません。

40℃~180℃まで温度調整ができるので、自分にあったお好みの温度に調整可能です。

電源を入れていない状態で、髪を挟んで伸ばすだけでも効果があると言われています。髪のダメージが気になる方には夢のストレートヘアアイロンになります。

デメリット

ヘアビューロンのデメリットはお値段が一番の原因です。お値段は約50,000円近くになってしまうので、簡単には購入できない点です。

口コミには髪が若返ったという人もいれば、何も効果がなかったと意見が分かれている点も気になります。

私自身もヘアビューロンの効果を感じられなかったので、ご購入を検討している方はよく調べてから購入をしてください。

ヘアビューロン公式サイト

第9位:ウルトラセラミックストレートヘアアイロン

ウルトラセラミックストレートヘアアイロン

特徴

ランキング第9位にはウルトラセラミックストレートヘアアイロンがランクインしました。

ウルトラセラミックストレートヘアアイロンの一番の特徴は、プレート部分が”セラミック純度100%”を使用している点です。

この純度100%により、ヘアアイロンを長い期間使用していてもプレートの加工が剥がれてしまった、滑りが悪くなってしまったなどのデメリットを受けることなく使用できます。

セラミック特有の熱伝導率の高さにより、電源のスイッチを入れてから30秒で使用可能の温度まで上昇します。

忙しくて時間がないときでもすぐに使えて便利なヘアアイロンです。

最高温度は230℃まで上昇するので、髪のくせが強い人でも十分にストレートに髪を伸ばすことができます。

温度調整も60℃~230℃まで使用できて、お好みの温度に調節可能なのもおすすめです。

デメリット

説明文に30秒で使用可能な温度になると書いてありますが、髪に使用するには30秒では少し足りない気がしました。

また、操作のボタンが少々固めにできていて、反応がイマイチだったのがマイナスポイントに感じました。

ウルトラセラミックストレートヘアアイロン公式サイト

第8位:アゲツヤ チタニウム プロフェッショナルヘアアイロン

特徴

ランキング第8位にはアゲツヤのチタニウムプロフェッショナルヘアアイロンがランクインしました。

このアゲツヤチタニウムプロフェッショナルヘアアイロンのおすすめポイントはチタニウムプレートを搭載していることです。

チタニウムのチタンは丈夫で髪への摩擦も抑えられる、おすすめの好素材のプレートになります。

また、1分もかからないで160℃の温度まで上昇するので、忙しくて時間のない朝でもすぐに使える便利なヘアアイロンです。

最高温度も220℃と高めのパワーがあるので、くせが強い方でも問題なく使用できます。

温度幅も80℃から220℃まで調節できるので、お好みの温度調整ができますよ。

デメリット

アゲツヤヘアアイロンの注意点は、プレート周りの温度上昇に気をつけるようにしましょう。

プレート周りが熱くなりやすいので、おでこや耳周りなど肌が近い場所での使用は火傷に注意するようにしましょう。

ヘアアイロンの扱いが苦手な方にはあまりおすすめできません。

アゲツヤ公式サイト

第7位:ヴィダルサスーンマジックシャインストレートアイロンVSS-9510/kJ

特徴

ランキング第7位にはヴィダルサスーンのマジックシャインストレートアイロンがランクインしました。

ヴィダルサスーンのマジックシャインストレートアイロンは女子なら誰もが知っている美容ブランドのヴィダルサスーンのヘアアイロンです。

こちらの特徴は使用時に大量のスチームが発生して髪に潤いを与えながらヘアアイロンができることです。

このスチームにはマイナスイオンが含まれていて、髪を守りつつヘアアイロンを使用することができます。

そのスチーム機能の効果で、スタイリング完了後は湿気に強いヘアスタイルにしてくれます。

長時間ヘアスタイルをキープさせてくれる優れものです。こちらのプレートは、シャイニーブラックコーティングというヴィダルサスーン独自のコーティング技術を施しています。

シャイニーブラックコーティングにより、しなやかでツヤのある髪にしてくれます。

最高温度が200℃まで上昇しますので、ある程度のくせの方へもストレートに伸ばせます。

温度幅は140℃~200℃なので、少し温度調整の幅は狭めになっています。おまけ機能に約60分後に自動電源OFF機能がついています。万が一、電源をつけっぱなしでも火事の心配もしなくて大丈夫です。

デメリット

マジックシャインストレートのデメリットは使用するたびに、タンクに水を補給しないとスチーム機能が使えいことです。

スチーム機能を使うたびに補給を繰り返さないといけないので、忙しい時間帯やめんどくさがりな人には少し向いていません。

かといって水を入れないでスチーム機能なしで使用していたら、ただのヘアアイロンになってしまいますので、機能を生かすなら水の補給をこまめに行いましょう。

マジックシャイン公式サイト

第6位:ADST Premium DS2

特徴

ランキング第6位にはアドストのプレミアムDS2がランクインしました。このアドストのヘアアイロンの特徴は、プレートにアルミニウム素材を使用していることです。

このアルミニウム素材のプレートにアドスト独自のプレッシャーサークルという特殊な加工がしてあります。

この円形のプレッシャーサークルの加工により髪を挟んだ際の圧力や髪に与える熱をプレートに均等に広げてくれるのです。

プレッシャーサークルが髪へのダメージを拡散させて、一箇所に掛かるダメージを抑えてくれます。

また、もう片方のプレート表面加工にスチームドレイン機能があり、髪を挟んだ際に効率良く水蒸気を拡散してプレートの温度が下がらない工夫がされています。

最高温度は180℃までなので若干パワー不足に感じる場合もあります。

温度幅は60℃から180℃までと幅広く調節できて、自分に合ったお好みの温度に設定変更可能です。

デメリット

最高温度が180℃までの上昇なので、髪のくせが強い方には少し物足りなく感じる可能性もあります。

また、メーカー価格では38,850円+(税)になるので、かなり高めのヘアアイロンになっています。

値段が高くて中々お気軽に購入できない点がマイナスポイントになっています。

ADST Premium DS2公式サイト

第5位:アレティストレートヘアアイロン

特徴

ランキング第5位にはアレティのストレートヘアアイロンがランクインしました。アレティのヘアアイロンのおすすめポイントは温まるまでの時間が早いことです。

電源のスイッチを入れてからわずか30秒で170℃の温度に上昇します。30秒なら朝の時間がないときでもすぐに使えるのでとても便利なヘアアイロンです。

アレティのヘアアイロンはプレートにセラミック素材を使っているのですが、アレティ独自の加工によって従来のセラミックより滑りやすくして髪への摩擦を抑えています。

更にプラスでマイナスイオンも発生させて髪へのダメージを抑えてくれます。最高温度は200℃まで上昇するので、くせが強めの方でも十分に使用できます。

温度幅も80℃から200℃まで幅広いので、自分に合ったお好みの温度に調節できますよ。

またプレート幅に3種類のモデルを販売していてるのが特徴で15mm,20mm,31mmと用途に合わせてプレート幅を選べます。

髪が短めの方は15mm、髪が長めの方は31mmといった具合に自分の髪型に合わせて使いやすいモデルを選べるのがおすすめです。

デメリット

アレティのヘアアイロンのデメリットはプレートの素材のセラミックになります。

独自の加工により滑りやすくして髪へのダメージを少なくしていますが、セラミック素材は他の素材よりも摩擦力が高いので、マイナスポイントとしておきます。

セラミックは熱伝導率のパフォーマンスが高いのはおすすめですが、髪へのダメージを考えると少しデメリットに感じました。

アレティ公式サイト

第4位:KINUJO 絹女 SILK PLATE mini iron シルクプレートミニアイロン

特徴

ランキング第4位はKINUJO 絹女 SILK PLATE mini iron シルクプレートミニアイロンがランクインしました。

このシルクプレートミニアイロンの特徴はプレート部分にテフロンに特殊技術を施して、摩擦力を極限に抑えて髪へのダメージを最小限にしてくれます。

また、シルクプレートミニヘアアイロンはとても軽くて持ち運び便利で、外出先で使用しても耐熱キャップがついているので使用後でもすぐにしまえて困りません。

海外でも使用可能なので、旅行先で少しだけ髪を伸ばしたいときなどに活躍してくれます。

最高温度は180℃までで、くせが強い方には少し物足りなく感じるかもしれません。

高級ヘアアイロンのKINUJOシリーズなのに3980円+税でグッとお値段を抑えられて購入できるのが魅力の一つです。

デメリット

シルクプレートミニアイロンのデメリットは温度調整が180℃しかないので、自分好みの温度に調整できない点をマイナスポイントとしておきます。

ミニアイロンなので髪が短い方には良いかもしれませんが、髪が長い方には使いづらい点もあります。

シルクプレートのヘアアイロンを使ってみたいけど、高いヘアアイロンを試すのはちょっと・・・という方がお試しで使用してみるのにお手軽な一品です。

シルクプレートの入門編にこちらのミニアイロンを選択するのもおすすめです。

キヌージョ公式サイト

第3位:サロニア ダブルイオンストレートヘアアイロン

特徴

注目のTOP3にはサロニアのダブルイオンストレートヘアアイロンがランクインしました!

こちらのサロニアダブルイオンストレートの最大の特徴は、プレートの素材にチタニウムを使用していることです。

また、チタニウムを使用しているにも関わらず、ヘアアイロンが驚きの低価格になっているのがおすすめのポイントです。

安さのコストパフォーマンスの訳は、メーカーが生産をした工場と、取引や店舗への販売を直接行なっていることで低価格になっています。

普通は工場との間に発送のための業者、販売するための問屋に卸すなどして複数の仲介を通して値段が高くなってしまいます。

しかし、メーカーが直接行うことにより、それらの仲介料を最大限に抑えて驚きのコストパフォーマンスを保っています。

お値段は2,980円+税なので、使用しているヘアアイロンが壊れてしまった、急遽ヘアアイロンが必要、何を買えばいいか分からないと思ったときにはこのサロニアのヘアアイロンを買うのも良いでしょう。

価格も安く、チタニウムプレートを使用しているので髪へのダメージも抑えてくれます。

購入後に自分に合わなくても、お値段が高いヘアアイロンとは違い、別のヘアアイロンの購入を検討できるのもサロニアのコスパ性能のお陰です。

最高温度も230℃と納得の高出力で、髪のくせが強い方も問題なく使用して髪を伸ばせるでしょう。

温度幅は120℃~230℃と幅広く、自分に合ったお好みの温度に調整可能なのも嬉しいですね。

デメリット

コスパとチタニウムプレートを使用していておすすめなサロニアのヘアアイロンですが、デメリットは口コミで壊れやすいとの意見もあります。

しかし、このコストでチタニウムプレートのヘアアイロンを使えるのはとてもお得だし、もし壊れてしまってもこのコストなら・・・とお手頃価格になっているのがサロニアヘアアイロンの最大の売りでもあります。

サロニア公式サイト

サロニアストレートアイロン体験レポート

第2位:KINUJO W -worldwide model-キヌージョ ワールド

特徴

ランキング第2位にはKINUJO W -worldwide modelがランクインしました。こちらのキヌージョワールドはスリムにして持ち運びに困らないように作られていてます。

また、外出先で使用してもすぐにカバンに入れても平気なように耐熱キャップが付いているのもおすすめポイント。

更に、100v~240vの電圧に対応していて、海外でも使用可能になっているので旅行にも持っていけるヘアアイロンとなっております。

最高温度は220℃まで上昇するので、くせが強い方でも十分の髪を伸ばすことができます。

温度幅は140℃~220℃までを20℃刻みで温度調整可能となっています。

キヌージョワールドは絹女と比べてお値段が安めに設定されています。

絹女は18,000円+税の金額になのですが、絹女ワールドは12,000円+税とグッとお値段が抑えめになっています。

絹女を家以外にも、外出先や旅行でも使用したい!という方には一番おすすめの一品です。

デメリット

絹女ワールドのデメリットは、180℃までの温度上昇が35秒と前モデルの絹女と比べて15秒遅くなっているのがマイナスポイントとなります。

35秒で180℃まで上昇するならかなり早いのですが、絹女と比べてしまうと少し遅く感じてしまいます。

また、温度調整が20℃刻みの5段階なので、より拘った自分好みの温度に調節できないは少しマイナス評価とします。

しかし、このマイナス評価は絹女と比べてなので、自宅以外にも外でもヘアアイロンを使いたい方には一番おすすめのヘアアイロンになります。

キヌージョW公式サイト

キヌージョワールド体験レポート

第1位:絹女~KINUJO~

特徴

2019年おすすめのヘアアイロン人気ランキング堂々の第1位は、一昨年と昨年に続き3連覇を達成した絹女~KINUJO~のストレートヘアアイロンになります。

この絹女の何が凄いのかは、最大の特徴である”シルクプレート”を搭載していることなのです。

シルクプレートとは摩擦力が一番低いと紹介したテフロンの素材を独自の開発によって耐久性を高くし、髪への摩擦力を徹底的に低くした特殊加工をしているのです。

他のヘアアイロンのプレートに水をかけたらあっという間に水は蒸発してしまいますが、こちらのシルクプレートは200℃の高温状態にして水をかけても蒸発しません。

その結果、髪の水分を守り保湿しながら髪へのダメージを少なくしてくれるのです。

シルクプレートに水をかけている動画です。

動画が見れる環境の人は、是非ご覧ください。

使用後には絹の様なさらさらツヤツヤな髪に仕上がるのでとても満足ですよ!

シルクプレートの絹女はダメージも抑えて仕上がりもツヤが出て一石二鳥なんです。

温まるまでの早さもおすすめポイント。約20秒で180℃に到達するので、忙しくて時間のない朝でも大丈夫!

すぐに使用できるのでとても便利ですよ。最高温度も220℃まで上昇するので、くせの強い方でも問題なく使用できるでしょう。

温度幅は130℃から220℃まで調整可能になっています。自分に合ったお好みの温度に調整もできます。

また、30分間使用していない状態が続くと自動電源OFF機能が働いてくれます。

万が一忘れてしまっても火事の心配もしなくて大丈夫。

数々の有名モデルさんや芸能人さんが使用している有名なヘアアイロンなんです!

髪へのダメージ抑えたい、仕上がりを優先したい場合はこの絹女が一番おすすめのヘアアイロンですよ。

デメリット

こちらのヘアアイロンのデメリットはお値段が高いことです。

お値段は18,000円+税するので、少し買い替えるにはお値段が張るのも辛い点。

しかし、ヘアアイロンを毎日使う、髪へのダメージが気になる、髪をさらさらツヤツヤのストレートにしたいのであれば絹女のヘアアイロンはおすすめできます。

お値段は高いのですが、良いヘアアイロンを使いたい方はこちらのヘアアイロンを選ぶとよいでしょう。

絹女使用前と使用後の体験動画です。

キヌージョ公式サイト

キヌージョ体験レポート

ヘアアイロン選びに覚えておきたいポイント

ヘアアイロンは使っていると髪に負担を与えてしまったり、間違った使い方をすることでより大きなダメージを与えてしまいます。

なので、なるべく髪に負担の少ないヘアアイロンの覚えておきたいポイントをご紹介します。

ヘアアイロンで覚えておきたい大事なポイントは、プレートの素材と温度が重要です。

温度は低い温度で何回もあてるより高い温度で1回あてた方が髪へのダメージは少なくなります。

髪がストレートになる温度は個人差もありますが、大体180℃前後ぐらいが日本人の髪にベストだと言われています。

最低でも180℃まで温度が上がるヘアアイロンを選べば自分に合った温度に調整できます。

髪のくせが強い方や髪が太い方はもう少し高めの設定まで温度が上がるヘアアイロンを選ぶとよいでしょう。

最高温度が高めまで上がるヘアアイロンが使い勝手がよくなっています。

プレートの素材も重要で髪への摩擦力がなるべく低い素材を選んであげることで、髪への負担を減らしてくれます。

立ち上がりが早いヘアアイロンが便利

使い勝手に影響が大きいのが、希望する温度になるまでにどれくらいの時間を要するかです。

ヘアアイロンを使うのは忙しい時間帯が多く、立ち上がるまでに何分も待たされるのは苦痛になります。

口コミでも、使用しているヘアアイロンに満足している理由に温度上昇が速いのが嬉しいと複数の口コミがあるので、なるべく立ち上がりが早いヘアアイロンを選んであげるのが日々の使用に便利に感じるでしょう。

海外旅行をする方には海外電圧タイプがおすすめ

海外旅行に持って行くなら、海外電圧対応タイプを選ぶようにしてください。

出張が多い人、海外での結婚式に参加する人などは海外電圧タイプが向こうでも使えて便利です。

しかし、海外電圧対応タイプのヘアアイロンでもコンセントの形が違う場合は別に変換プラグが必要なので確認を忘れないようにしてください。

最近は、wi-fiや充電器とのセットになった変換プラグを持って海外へ行く人が増えています。

自動電源OFF機能などのおまけもgood

忙しいとつい、ヘアアイロンをつけっぱなしで外出してしまったことがある方も多いと思います。

そんな方には、一定時間が経つと自動で電源がOFFになる消し忘れ防止のための機能がついたヘアアイロンがおすすめです。

この自動電源OFF機能が付いていればスイッチを切ったかどうかが気になって、外出先で心配で不安になるということがなくなります。

その他にも、指定した温度で固定してくれる温度ロック機能や、使わないときに開閉しないようにロックできる機能は最重要ではないですが、あればうれしい機能として使い勝手に左右してきます。

ヘアアイロンの温度に注意

ヘアアイロンの温度を間違えると危険

高い温度でヘアアイロンを使用していると髪が火傷して、水ぶくれと同じ症状ができます。

お肌でも焼けどした後には、皮膚が変性してしまいますが、髪もお肌と同じように高温のヘアアイロンを使うと髪が火傷してたんぱく質が変性してしまいます。

髪が水ぶくれ状態になってしまうと正しい水分量を保つことができなくなってしまい、乾燥しやすくなったり、まとまりにくくなってしまうので注意が必要です。

髪の毛は、キューティクルが閉まった状態のときであれば水分が蒸発しないように作られています。

キューティクルが閉まった状態で正しい温度でヘアアイロンを使用すればダメージを最小限にすることができます。

温度200℃以上は注意?

ヘアアイロンを使う際に、熱変性が始まるのは大体160℃ぐらい前後と言われています。

160℃以上のヘアアイロンを使うことで、髪のたんぱく質が変性し髪質に変化が起きます。

180℃以上になると炭素化という内部の成分変化も起こります。

200℃以上のヘアアイロンは髪のくせが強くて中々ストレートに伸ばすことができない方はよいですが、通常の方は200℃のヘアアイロンを使うのは避けるようにしましょう。

200℃のヘアアイロンは、外国人の髪の毛をモデルに作られたと言われています。

日本人の細い髪の場合はダメージが多くて、内部で炎症が起きてしまう可能性があるのです。

おすすめのヘアアイロンの温度は?

おすすめなヘアアイロンの温度は180℃ぐらいになります。

先程の説明に160℃以上では火傷の危険があるとお話しました。

へアアイロンを使う際の注意点をしっかり守ることで、髪のキューティクルはしっかり閉じるので髪のダメージは最低限に抑えることができます。

通常の太さの髪の場合あまり低温だと髪がセットできない事もあります。

低温でセット力が弱く、あてる秒数が長くなったりするとやはりダメージも重なってしまいます。

180℃前後ぐらいのヘアアイロンで短時間でスタイリングを決めることが、髪へのダメージを少なくする上手な使い方になります。

ヘアアイロンの上手な使い方

ヘアアイロンの基本

ストレートヘアアイロンは、アイロンの性能によりスタイリング後の仕上がりが違ってきます。

安価なものはキープ力が低くかったり、ダメージも多い傾向もあるので注意してください。

ストレートヘアアイロンを選ぶときはなるべく温度調節幅が大きくできるものが使いやすいでしょう。

温度調節をしながらスタイリングすることで、ダメージを最低限にしてくれます。

さらに、180℃ぐらいの高温でヘアアイロンをかけることにより、さらさらストレートが長くキープします。

注意点には、良いストレートヘアアイロンを持っていたとしても、ヘアアイロンを使う前の”準備がしっかりできていない”と夕方には、すぐにスタイルが崩れてしまう場合もあります。

ここでストレートヘアアイロンを使う前の準備を紹介していきます。

ストレートアイロンを使う前の準備

質問でよくあったのが、「使い始めた頃はサラサラストレートになって満足していたが、2,3ヶ月経つと髪がパサパサになってしまった」なんて意見がチラホラ・・・

その答えはアイロンを使う前の準備をしっかりできていないからなのです。

知っておいて欲しいことは、ストレートヘアアイロンの熱は髪にとって大きなダメージの原因になることです。

髪を保護していない状態でヘアアイロンを使用することで、髪の水分は失われてしまい、キューティクルも剥がれて常に広がった状態になってしまいます。

そうなると髪はパサパサの状態になってしまうのです。

わるいヘアアイロンの使い方

どんなに良いヘアアイロンでも、少なからず髪にダメージを与えてしまいます。

なので、なるべくダメージを与えない使い方をしたいですね。

わるい使い方をしてしまうと、余計に髪への負担を大きく与えてしまうので注意するようにしましょう。

濡れた髪にヘアアイロンを使う

髪が濡れていたり、お風呂上りにドライヤーをしたばっかりで、髪が渇ききっていない状態でヘアアイロンを使うのは注意してください。

髪の毛が濡れたままや渇ききっていない状態は、キューティクルが開いていて髪が無防備で最もダメージを受けやすい状態となっています。

この無防備な状態の髪に、高温のヘアアイロンをつかうことで髪に大きな負担を与えてしまうのです。

髪に水分が多く残っていると、スタイリングの効果も良くないので濡れた状態での使用は避けるようにしましょう。

また、トリートメントオイルなどを付けてからヘアアイロンをするのは髪にコーティング加工をしてかけるので良いのですが、付けてすぐだと水分が多く残っている状態なので逆にダメージを与えてしまう原因になってしまいます。

なので、トリートメントをつけたらドライヤーで軽く乾かしてあげるか、少し時間を置いてからの使用だとコーティング効果も高まって髪への負担を抑えてくれます。

ヘアアイロンを使っていて髪へのダメージが気になる方は、トリートメントを使用してからヘアアイロンを使うようにしましょう。

ヘアアイロンを使用する前におすすめのトリートメントはこちらを参考にしてください。

オイル・ミルク編!人気おすすめ【洗い流さないトリートメント】ランキング!

湿気で上手くストレートができないときは

ストレートアイロンをかけた後に、さらさらストレートの髪を長時間キープする方法はやはりスタイリング剤の力を借りるのが一番の手です。

ストレートキープ力の強いスタイリング剤を使うことで、湿気の吸収を防いでくれたり、まっすぐストレートの時間を長くキープしてくれます。

上記に紹介した、トリートメントを使うのがおすすめです。

夜にヘアアイロンを使用する

夜の寝る前に一生懸命にヘアアイロンをしても、翌朝には状態をキープできていないので辞めましょう。

寝る前にヘアアイロンを使用しても、寝てるときの汗や枕の圧力などによって髪は残念ながら戻ってしまうのです。

それにより、翌朝にヘアアイロンを掛け直すことで余計な回数を行ない、より髪への負担をかけてしまいます。

なので、夜の寝る前にヘアアイロンを使用していた方はなるべくしないようにしましょう。

ヘアアイロンを下から上へ滑らせる

ヘアアイロンを毛先から根元に向かって上へスライドさせるのは辞めましょう。

髪のキューティクルは根本から毛先に向かってヘアアイロンをかけてあげることで、キューティクルが閉じてツヤが見られます。

これを下から上にヘアアイロンをかけると、キューティクルの向きに逆らってしまいツヤが出なくなってしまうのです。

なので、ヘアアイロンは上から毛先に向かって下へスライドさせるようにしましょう。

挟む髪の量が多いと上手くストレートにならない

いくら高性能のストレートヘアアイロンでも、挟む髪の量が多すぎると十分にストレートにならない場合があります。

ここで大切なのが髪をブロッキングすることです。

ブロッキングをして、一度にはさむ髪の量を少なくしてあげることで上手くストレートが作れます。

また、髪の内部まで十分にヘアアイロンの熱が届くので、かけ残しがなくなってすべての髪がまっすぐになりやすくなるのです

部分的にうねりが残っていると、それが原因になってスタイルが崩れてしまう場合もあります。

上手くストレートにできないときは、自分のストレートヘアアイロンのかけ方を見直してみてください。

ヘアアイロンのおすすめの使い方はこちらを参考にしてください。

ヘアアイロン初心者向けにおすすめの使い方!髪にダメージを与えない

ヘアアイロンのかけ方

ヘアアイロンをするときにゆっくりと伸ばすと綺麗なストレートヘアが作れると言う人もいますが、それはダメージヘアの大きな原因になってしまいます。

ストレートヘアはたんぱく質の結合によって作られていて、たんぱく質が結合する以上の熱を与えてしまうとそれは髪のダメージとして残ってしまうので避けるようにしましょう。

髪のダメージを気にして、120度くらいの低温でゆっくり何度もヘアアイロンをあてる方もいますが、髪に熱を接している時間が増えていてよりダメージを蓄積しているのです。

ポイントは170度~180度程度の温度で短い時間で髪を伸ばすことです。

髪をまっすぐに伸ばしながら、髪の表面を触って熱くなりすぎていないかも確認するとよいでしょう。

髪の表面を触って熱かったら、ヘアアイロンの温度を少し下げてあげましょう。

ヘアアイロンの間違った使い方の注意はこちらを参考にしてください。

ヘアアイロンの間違った使い方をすると髪にダメージが残るので注意

不自然なストレートにならないようにするには

ヘアアイロンで髪を挟んだら、途中で止めないで毛先までヘアアイロンをスライドさせましょう。

途中でヘアアイロン止めると不自然な場所で髪が折れてしまい、毛先が針金のようにピンと伸びてしまうこともあります。

ひとつの同じ場所に2秒以上ヘアアイロンがあたらないように注意しましょう。

毛束ひとつを3~5秒程度で伸ばすようにしてください。

また、根元ギリギリの位置は外してヘアアイロンをかけると自然な仕上がりになります。

根元からまっすぐだと人形のように不自然に見えてしまう場合もあるので注意しましょう。

ヘアアイロンのやけどには十分注意

当たり前のことですが、ヘアアイロンはとても高温になるのでやけどには十分注意してください。

高温で溶けてしまうようなものを近くに置かないことはもちろんですが、子どもやペットのいるところでの使用も危険なので気をつけてください。

髪も火傷をするので、髪のやけどを防ぐにはヘアアイロン用のスタイリング剤を使うのも効果的です。

ヘアアイロンでやけどをしてしまった場合はこちらを参考にしてください。

ヘアアイロンで火傷してしまったときの適格な対処法

髪にツヤがでる理由

ストレートヘアアイロンを使うと、髪の毛がさらっとしてツヤが出ます。

これは、髪の表面にあるキューティクルをヘアアイロンの熱で向きを整えてあげる事によって、光が一定方向に反射するのでツヤが出て見えます。

ここで気をつけたいのが、ツヤが出るから髪に良い訳ではありません。

髪のキューティクルはとても熱に弱くて、ヘアアイロンを毎日何回も使用しているとキューティクルを破壊し続けていることになってしまいます。

ヘアアイロンを使用する際は髪にダメージを与えてしまうので、なるべく髪に負担の少ない良いヘアアイロンを選んであげるのがおすすめです。

お気に入りのヘアアイロンは見つかりましたか?

今回は2019年最新版の髪が痛まない人気でおすすめのヘアアイロンをランキング形式にて紹介させていただきました。

あなたのお気に入りのヘアアイロンは見つかりましたか?

まだヘアアイロンの購入を悩んでいたり、どれにしようか迷っているなどヘアアイロンに関する悩みは気軽にコメントしてくださいね。

私が分かる範囲でご相談させていただきます。

ヘアアイロン以外にもドライヤーのおすすめなども紹介していますので、ドライヤーをお探しの方はこちらをご覧になってください。

カールヘアアイロンをお探しの方はこちら

巻き髪におすすめの痛まない人気カールヘアアイロンのランキング

ドライヤーお探しの方はこちら

最新の人気おすすめドライヤーランキング

まとめ

2019年最新版の髪が痛まない人気でおすすめのストレートヘアアイロンのランキングはいかがでしたか?

おしゃれがしたいのに髪のダメージが気になる方は是非参考にしてください。

ヘアアイロンは使用することでどうしても髪にダメージを与えてしまいます。

しかし、お出かけ前のスタイリングにヘアアイロンは欠かせないアイテムなので、頻繁に使うヘアアイロンはなるべく品質や性能の高いヘアアイロンを選んであげて髪への負担を抑えてあげるのがよいでしょう。

ヘアアイロンの購入に悩んでいる方に参考になってもらえたら幸いです。

キヌージョ公式サイト

キヌージョ体験レポート